思春期ニキビ用は洗浄重視、大人ニキビ用は保湿、角質ケア重視なイメージがあります。

中学生の頃からニキビケア用品は使ってきましたが、洗浄力が強いものが多くて逆に肌が荒れたり、乾燥しやすくなったりしました。

あと最初はおでこや鼻に小さいニキビがぽつぽつ出来ることが多かったし、それは薬を塗ればすぐに治りましたが、大人になってストレスニキビが出来るようになってからは大きくて硬いものがたくさん出来、中々治らなくなりました。

ストレスニキビ用の製品は使っても即効性のないものがほとんどなので、治すのには根気がいると知りました。

無香料で肌に優しくさっぱり

私は中学生の頃からニキビが出始め、高校生で酷くなり、今迄色々な化粧品を使いました。

私は敏感肌でもあるので肌に合わなかったりして余計に酷くなった事もありました

大人になり、思春期の頃よりはだいぶ肌は綺麗になりましたが、ストレスのせいかまた最近ニキビが出来始めました。

ニキビが酷い時は化粧品だけではおさまらないので皮膚科でビタミンなどの飲み薬を貰い、飲みながらニキビ用の化粧品、NoVを使います。

するとニキビが落ち着いてくるのでまたいつもの化粧品に戻します。

この繰り返しです

ドラッグストアなどで手軽に購入出来るのが良いですね。低価格で効果があると嬉しいです。

代謝が良い10代は、ニキビが出やすくよく悩んだものです。

今でも生理前やナッツ系の物を食べるとニキビが出やすいのが悩みです。

ニキビが出来た時は、メイクは控えた方が良いようですが

つい、コンシーラーなどで隠してしまいがちです。

メイクしながらケアできる商品が低価格で手軽に購入できると嬉しいですね。

ニキビの無い自信が持てる肌に憧れますね。

ネット通販などでニキビケアの商品がありますが

どれほど効果があるのか興味があります。

使いすぎると良くない

高校生の頃、ニキビを治したくて洗顔の回数を増やして余計な油を取り除けばニキビが減ると思い、洗顔を1日2回から3回に増やしました。すると、逆にニキビが増えてしまい、1日3回の洗顔はやめました。

また、ニキビ対策のスキンケア製品を使ってようやくニキビが治りだした頃に生活環境を変えた(引越しをした)ら一気にニキビが増えてしまいました。

何が原因か分かりませんが、凄い量になってしまいました。しばらくすると落ち着いた記憶があります。

ページのトップへ戻る